One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

【スター・ウォーズ】その背景を別の視点で考える

   

Pocket

star_wars_episode_i

Photo:http://cia-film.blogspot.jp

スター・ウォーズには、他の優れた映画と同様にシンプルな対比構造(コントラスト)があります。

帝国軍と反乱軍。

main

Photo:http://www.cinematoday.jp

landscape-1431124579-landscape-1431106672-star-wars-biggs-670x335

Photo:http://ukeuristarwars.net

ジェダイとシス。

1b7b19e408e12b9e8252ee4db424ffb900855759.44.2.2.2

Photo:http://spuitman.xsrv.jp

9d12e2cfc394ee5d43ce3dbbdf13ac5d

Photo:http://blog.goo.ne.jp/mazin-box

父(ダース・ベイダー)と子(ルーク・スカイウォーカー)。

1920x1080x65dbcbf9d954c3a38925ab

Photo:http://starwars.tomonotecho.com

mark_hamill_66455-1

Photo:http://ciatr.jp

最新鋭の巨大宇宙戦艦(スター・デストロイヤー)と古びた貨物船(ミレニアム・ファルコン)

GD

Photo:http://metamorphose-planet.blog.so-net.ne.jp

page-5530

Photo:http://www.chara-net.com

これらのシンプルな対比が物語をわかりやすくし、西部劇や時代劇のような勧善懲悪のカタルシスが得られるわけですよね。ジョージ・ルーカスが心から好きな冒険活劇、黒澤映画の世界です。

もう一つ言えば、フォースやジェダイに代表される東洋の精神世界と、西洋の物質的な世界もコントラストを成しています。エピソード4の公開が1977年なので、アップル関連の記事で書いてきたように、アメリカのカウンターカルチャー全盛期です。ルーカスが影響を受けないはずがありません。

エピソード4「新たなる希望」を見て、痛快かつ爽快なのはすべてがシンプルだからです。これが、作品を追うごとに徐々に変質していきます。

善と悪はどちらの立場に身を置くかによって変わる。

善なる者が悪を行うこともあるし、悪の側が善に目覚める瞬間もある。

登場人物の内面の揺れが物語に深みを与えた一方で、原点である痛快な娯楽性が変化していったのが、この40年だったんじゃないかと思っています。

Pocket

 - 一般記事