One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

マクラーレンのスポンサー離脱問題について考える。

   

Pocket

8c2f6dc6

Photo:http://blog.livedoor.jp/movechan2005/archives/50250087.html

F1といえば、イギリスの名門マクラーレンから、大型スポンサーが次々と離脱しています。

200px-Hugo-Boss-Logo

アパレルのヒューゴ・ボス。

そして、スイスの時計ブランド・タグ・ホイヤー。

オープン 047

どちらも長年にわたってマクラーレンをサポートし、ファンに非常に知られた存在です。

しかし、マクラーレンとホンダが久しぶりにタッグを組んだ今年、チームの成績は悲惨なものでした。

ジェンソン・バトンというレース巧者と、レースでの強さは天下一品のフェルナンド・アロンソという二人の世界チャンピオン経験者を揃えながら、入賞するのにも苦労しています。

この成績不振がこれらの大型スポンサーの離脱につながっていることは間違いありません。

でも、僕は思います。強いチームだけを応援するなら、それは応援とは呼ばない。

長年のパートナーがいろいろな理由で苦しんでいる時こそ、資金的に援助し復活を助けるのがスポンサーの役割だし、そういうところにファンは好感を持つんだと。

メディアに露出する時間の長さや、強いチームのイメージをまとわせたいからと上位チームだけサポートするのは、僕にとっては逆効果ですね。

Pocket

 - クルマ