One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

F1の本質:人間同士の競争

   

Pocket

4-kings

Photo:http://orange.zero.jp/snufkin.bird/autostrategy.htm

はっきり言って、最近のF1はつまらないと思います。

なぜか?

シンプルじゃないからです。

レギュレーションが複雑すぎて、ファンじゃない普通の人が見たら、何が何だかよくわからないと思います。

エネルギー回生システムやDRSなどのテクノロジーも、なんだかトリッキーです。一年間に使えるエンジンに限りがあって、エンジン開発自体も厳格に制限されているのもおかしい。

開発が制限されているんだから、後発参入組のホンダが苦戦するのは当たり前です。それを、1990年代の活躍と比べて批判するなんて愚の骨頂ですよ。

もっとわかりやすくて、楽しいF1が見たいんですよね。

自動車レースの本質は、自動車という道具を使いながら、人間同士が競い合うことです。

世界中の人間の中で、わずか30人以下の運転の天才たちが、「オレが一番速い」という誇りをかけて、人生をかけて戦うのがF1なんです。

1980年代後期、F1に四天王と呼ばれるドライバーたちがいました。

・ネルソン・ピケ

・アラン・プロスト

・ナイジェル・マンセル

・アイルトン・セナ

滑らかなドライビングが身上で、豪華ヨットに暮らす女性好きの自由人、ピケ。

ピケと同様スムーズなドライビング技術を持ち、レースを論理的に捉えて非常に知的なレースを見せたプロスト。

荒削りかつ豪快な速さを発揮し、意外に精神的にもろいところも魅力なマンセル。

自分の精神的、技術的な限界を高め、神への信仰を深めた天才中の天才、セナ。

セナとピケとは同じブラジル人なのに、犬猿の仲だったし、セナとプロストは1988年から1993年までの5年間、最高のライバル同士でした。

個性豊かなドライバーたちが、それぞれの強みを最大限に発揮して1年間を闘い続ける姿が、ファンを感動させたんですよね。

20世紀、自動車が発明されてすぐに自動車レースが行われました。

クルマが2台あれば、人はレースをするんですよ。

人間同士が競い合う面白さを、もう一度F1に見せて欲しいと思います。

Pocket

 - クルマ