One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

幸せな買い物

   

Pocket

whoop

原宿の裏通りを歩いていて、ふと、靴屋さんに入りました。もともと服を見て歩いていて、靴を買うつもりはなかったのに、なんとなく入ってみたんです。

店内にはメンズとレディスの両方の靴が置いてあって、なかなかいい感じ。しかも店員さんが明るくて感じがいい。アパレルによくいる決まりきった呼びかけじゃなくて、ちゃんと相手に向かって声をかけてくれる。

自分が好きなチャッカーブーツとかサイドゴアブーツを手に取ってみたら、作りもしっかりしててしかもお手頃な価格。それでちょっと履いてみることにしました。

そうしたらびっくり。僕の足は甲が高くて幅が広いんですが、とにかくぴったりだったんです。

「直感ですごく気に入った品物を買わずにいると、たいてい後悔する」

という自分の格言(?)にしたがって、その場で買うことにしました。

でも、この買い物で一番楽しかったのは、店長さんとの会話でした。まだ若い店長さんは、靴の専門学校を出て就職したみたいで、とにかく革と靴に詳しい。それに、履いた人の足が疲れないようにどんな工夫をしているかをすごく楽しげに語ってくれるんです。

ちょっとマニアックにいうと、その靴はマッケイ製法という製法の靴なんですが、革底のトゥの部分とヒールの部分にはさらにラバーが貼られていて、中敷のクッション性とあわせて、足の沈み込みを適正に保ってくれるんです、とかそんな話を明るく語るんですよね。

しまいには僕、靴よりも店長の顔を見て話してましたから。

自分がしている仕事や、自分が扱っている品物に愛情を持っているってやっぱりカッコイイですね。それから、お客さんにとってどんな意味があるかをお客の立場で語ること。それが簡単なことじゃないから、なおさらですね。

仕事は人生で大きな部分を占めるものだから、好きで得意なことをすべきだと再認識させてもらいました。いや、ありがとうございました。

Pocket

 - 一般記事