One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

【衝撃】イタリアの運転事情

   

Pocket

ksw-g013

イタリアを自動車旅行した話は前に書きました。http://reo01.net/2015/11/05/post-1386/

今回は、その時衝撃的だったことを書きます。

まず、その時借りたレンタカーは奮発してアルファロメオのスポーツセダンでした。そして、僕も同行した友だちも、レーシングカートに乗ったり、ダートトライアルを経験してたり、サーキット走行会なんかに出て、うまくはありませんがスピード走行には慣れていました。

現地で印象的だったのは、本当に小型車が多いってことでした。フィアットやゴルフなんかが多いんですね。マセラティやフェラーリなんて走っていません。きっと盗まれちゃうからです。よくてランチャくらいです。だから、アルファロメオは性能が高い部類に入りました。

右側通行に慣れ、ある峠道を走りました。まあ、みんな速いこと速いこと。古いフィアットをめいっぱい回転を上げて飛ばしています。流れがあるので、僕らもスピードを上げます。後ろからはこれまた古いゴルフかなんかが車間距離を詰めてきて、まるで街道レースです。

コーナーを曲がるたび、アルファロメオの後席に置いた荷物は左右に動き回り、フロアに落っこちます。こちらは日本代表のような気分で懸命に飛ばします。

ふと、(この道は速度制限はどれくらいなんだろう?)と思って標識を見て驚きました。仮にその時の速度を70キロとすると、標識には90キロくらいの表示が出ていました。マジ無理、です。

それからあちこちの標識を見ましたが、イタリアの峠道の標識は、どこも「出せるものなら出してみろ」という速度が書かれていました。昔、F1ドライバーの大多数がイタリア人だった時代がありますが、こうやって鍛えられていたんだ、と納得しました。

Pocket

 - クルマ