One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

【男性限定】第二営業局パート2

   

Pocket

20121202_1479984

(このミニカーは、記事と関係ありません)

「伝説の第二営業局」の記事http://reo01.net/2015/11/07/post-1413/

が、予想以上に反響が大きかったので、今回はまた別の第二営業局ネタです。

自動車の販売会社を担当する第二営業局でしたが、他のクライアントもいくつか担当していました。その中に、トラックメーカーがありました。トラックの販売は、街中にディーラーを置くわけではなく、基本的には営業マンが顧客を訪問して営業するのが中心です。顧客は、建設会社や運送会社などです。

建設関係も運輸関係も、基本的には男の世界です。そして、トラック販売の歴戦の営業マンもまた、男ばかりです。顧客のところに何度も足を運び、酒を飲み、信頼関係を築いていって初めて商売の話ができる。そんな世界です。営業マンは毎回手ぶらで客先に行くわけにはいかないので、さまざまな訪問ツールを作ります。その中で、一番人気があったのが、カレンダーでした。

今ではコンプライアンスやモラル上いろいろと難しいと思いますが、当時第二営業局が制作していたのは、女性のヌードカレンダーでした。1ヶ月1人、年間で12人の女性がヌードでほほえんでいるカレンダーです。

毎年カレンダーの制作にあたって、モデルのオーディションが行われていました。広告代理店でモデルのオーディションをすることは珍しくありません。ところが第二営業局が仕切るこのカレンダーのオーディションは、毎回異常な白熱ぶりでした。基本的にはヌード撮影なので、通常のモデルではなく、AVに出ている女の子や、ヌードモデルが参加するわけです。それも数十人規模で。そして、オーディションでは全身脱いでもらうことはなかったんですが、上半身は裸になってもらいました。

なので、普通は数人が面接するだけのオーディションに、数十人の社員が詰めかけていました。第二営業局の関係者は、ここぞとばかりに、飲み代などさまざまな便宜を要求してましたね(笑)

僕たち第一営業局は、「まったく二局のやつらはしょうがないな」なんてあきれた風でしたが、オーディション当日はなぜかそわそわしてましたね(笑)今でもときどき第二営業局のヤバイくらいの熱気を思い出します。

Pocket

 - クルマ