One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

「ためいきのフェラーリ」

      2015/11/05

Pocket

august-14-we-celebrated-the-anniversary-of-enzo-ferrari-and-follow-the-achievements20150814-4

1991年1月の自動車誌”NAVI”のタイトルです。これほどそそられるタイトルもちょっとないです。この特集だけで、いくつも原稿が書けます。それほどに好きな特集でした。

その中に、歴代フェラーリのほぼすべてをデザインしてきたセルジオ・ピニンファリーナ(2012年没)のインタビュー記事が載っています。

この中で彼は、10ベストフェラーリを選んでいきます。ちなみに、どんな10台が選ばれたというと、

250GTルッソ

Ferrari_250-GT-Berlinetta-Lusso_STRADA_xMAM5960_635410

デイトナ

ferrari-365-gtb4-daytona-car-supercar-gray-classic-1920x1080

ディーノ(写真は206SP)

Ferrari-Dino-206SP

365BB”ベルリネッタボクサー”

365_bb_1_160

308GTB

ferrari-308-gtb-5_600x0w

テスタロッサ

49952

348

92_348

F40

F40

412

ferrari-412-i-[2038]

ミトス

mythos4

という10台です。

ピニンファリーナは、このインタビューの中でこう言っています。

「エンツォ・フェラーリと仕事をすることは容易だったか?」「答えはもちろんノーです。エンツォ・フェラーリは非常に難しい人でした」

「車作りにおいて、彼のコンセプトはひとつ。”軽いフェラーリ”」

「私はこのコンセプトを、ハンマーで頭に打ち込むかのように、叩き込まれたのです」

「もし、他のカロッツェリアとピニンファリーナに違いがあるとすれば、われわれは家族とデザイナーが混ざり合いながら、互いに協力してやってきたことだと思うのです」

「小さい集団であるからこそ、驚くべき力を発揮することができる」

どうですか?ジョナサン・アイブとスティーブ・ジョブズの関係に似ていると思いませんか?

カリスマと天才的なデザイナーの、馴れ合いではない協力関係。素晴らしい作品が生まれるバックボーンを見る思いがします。

 

 

 

Pocket

 - クルマ