One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

【クルマ好きの祭典】東京モーターショー開幕!その裏側で。

      2015/11/05

Pocket

tms

東京モーターショー2015が開幕しましたね。モーターショーは3開催分ぐらい仕事で担当したのでよく知っています。毎朝開場1時間以上も前に現場に入って準備をするんですが、一般のお客さんがずっとオープンを待って並んでいて、開場と同時にいっしょうけんめい走ってブースに来るのを見ると、本当にうれしかったものです。

自動車メーカー各社が威信をかけて出展するんですからその準備たるや大変です。会期のはるか前からプロジェクトを組んで企画、提案、案の煮詰め、実制作へと進んでいきます。最初にプロジェクトに加わった時、先輩たちからさんざん脅されました。「体力勝負なんだぞ」って。だから今となっては笑えますが、体力をつけるためにエアロバイクを買って漕ぎ、ランニングし、ダンベルで筋トレを続けました。でも、本当に体力勝負なんです。会期の3ヶ月くらい前からは本当に追い詰められて、(これで間に合うのか?)というプレッシャーにさらされるんですよね。

開幕の何日か前からブースの施工が始まります。電源工事から始まって、床工事、木工、ターンテーブルなど機械ものの搬入設置、動作テスト。。ブースがある程度形になったら演出のリハーサル、運営のリハーサルと休む間もなく作業は続きます。

一般公開の前に、国内外のメディアを集めた「プレスデー」が事実上の開幕なんですが、今でも覚えているのは徹夜徹夜で準備して、現場の職人さんや同僚たち数十人で、ブースの床で吉野家の牛丼を食べてそのままパンチカーペットの上で死んだように仮眠したことです。

輝く照明、美しいコンセプトカー、笑顔で手を振るコンパニオンの女のコたち。今年のモーターショーのニュースが続々とアップされていますが、僕は裏方さんたちの苦労をつい考えてしまいます。みなさんお疲れさまです!

 

Pocket

 - クルマ