One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

【人間の能力=脳力】人生を豊かに生きるために

   

Pocket

ht

苫米地英人著。枻出版社刊。

著者は認知科学者で、カーネギーメロン大学の博士号を持つ人ですが、自己啓発の世界ではかなり名の知れた人です。専門が脳科学なので、当然著作は、脳に関するものが中心となっています。この本は、雑誌(Magazine)と書籍(Book)の中間のようなMook本形式をとっていてとても読みやすい本です。慣れた人なら30分もあればだいたい読めてしまうと思います。

今回は、脳の特性を理解して、その本来の力を発揮させるにはどうしたらいいか、ということがポイントです。

本の構成としては、

1.生活改善

2.仕事

3.マインド

4.コミュニケーション

の4章から構成されており、全部で55のメソッドがあります。

脳のブレーキを外し、パワーを引き出すという心構えと、具体的なノウハウの両方が紹介されているので、実行しやすい内容になっています。

各章の主なポイントですが、

1.生活改善

・睡眠や飲酒習慣、入浴、水分の摂取方法など、生活習慣について。

・リラックスした状態でドーパミンを放出させ、良いアイデアが浮かぶように誘導する。

・マルチタスクと直感を用いた訓練。

2.仕事

・漫然と働くのをやめ、ゴールを設定して行動を起こすことの重要性。

・頭の中でイメージを描き、自分のゴールを徹底的にリアルに描く。

・他人の価値観に縛られてきたことに気づき、既成の観念を打破すること。

・やりたいことをはっきりさせて、自分のモチベーションを上げる。

・仕事に着手する前に、仕事の全体像をイメージすることのメリット。

3.マインド

・よい未来、あるべき未来を思い浮かべ、そこから現在までの行動を逆算して考える。

・自分の中の恐怖心や、抵抗感を克服することの大事さ。

・現状の延長線上にあるゴールではなく、思い切り外側のゴールを求めよ。

4.コミュニケーション

・相手との信頼関係、ラポールの築き方。

・リラックスして、自分の臨場感空間を作り上げ、そこに他人を引き込め。

・ポジティブな自己対話によって、自己イメージを高めよ。

などとなっています。

この本で僕が感じる著者のメッセージは、

1.これまで周りから受けてきた価値観の洗脳を取り払い、自分が本当に望むゴールを考えよ。

2.他人と比較するのをやめ、自分の中の恐怖心を克服せよ。

3.ゴールをリアルにイメージすればするほど、脳はそのゴールの実現に動き出す。

という3点です。人間の行動が、全て一つの脳によって指令されていることを考えれば、最大のパフォーマンスを発揮させることは、とても重要なことだと思いますね。

 

 

 

Pocket

 - 自己啓発本