One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

禅の言葉(鈴木俊隆師ふたたび)

   

Pocket

ss

ジョブズに強い影響を与えた鈴木俊隆師の言葉を続けます。

・エンプティネス(空)について

知識を集めるかわりに、自分の心をきれいにすること、ものごとをありのままに受け入れることが大事。

・コミュニケーションについて

真のコミュニケーションは、たがいに率直であることである。

・生と死

私たちは生まれる前、宇宙と一つだった。生まれてきて感情を持ち、困難を感じる。でも、元は同じ宇宙なのだ。

・禅と仏教

禅は、仏教を哲学的に理解することにはそれほど関心がない。私たちはみな仏性を持っている。私たちの修行は、その仏性に対する信頼を基礎にしている。

・存在の質

私たちは、それぞれが完全に独立した存在であると同時に、一つの存在でもある。すべては広大な宇宙の中で閃く一瞬の光なのだ。

・自然さについて

ものごとを勝手にさせる、放っておくというのが自然ではない。まったくの無から生まれる、ものごとのありのままの姿が自然なのだ。

・空

ものごとを永続的に存在するかのように受け取るのは、的のはずれた見方である。

自分を理解すること。自分の道をつくろうと一生懸命になると、人を助けることができる。そのとき、あなたは人から助けられるだろう。

・智慧

智慧というのは、ある特定の能力のことでも、哲学のことでもない。心がなにごとも受け入れて、観察できるように待機していることである。

・無を信じること

色や形をなにも持たないもの、すべての形や色が現れる前に存在しているものを信じることが大事。

・執着と非執着

私たちは、愛だけに執着すべきではない。憎しみも受容しなければならない。

・命の喜び

儚い人生の中で生きることは非常につらいと感じる。しかし、人生の儚さの中にのみ、永遠の命の喜びを見出すことができる。

・仏教とは何か

ただ、なんの思考もせずに、座る。この修行において、幸福なのである。

・教えについて

教えとは、今、ここ、一瞬一瞬の、すべての存在の中にある。それが真の教え。

・ブッダの悟り

自分自身を、自分がつくった壁の中に閉じ込めるべきではない。

・禅の心

大いなる心は、つねに私たちと共にある。

私たちには、初心者の心、なにかを所有することから自由な心、すべては流れるような変化の中にあるということを、知る心がなければいけない。

どうでしたか?この禅の心がジョブズの精神に浸透していたことが感じられますよね?

・率直なコミュニケーション

・自分の内面の探求

・直感の力を信じる

・お金や所有に執着しない、とらわれない

・命の儚さと、そこから生まれる美しさ

こういった要素は、ジョブズの生き方に強く現れています。そして、

自分を、自分が作った壁に閉じ込めるべきではない。

という教えは、まちがいなく”One Simple Fact”のメッセージのベースになっています。スティーブ・ジョブズという人間と、彼が作り上げたアップルを考える上で、この本はきわめて重要な意味を持っていると思います。

Pocket

 - アップル