One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

アップルの光と影

      2015/10/21

Pocket

6d528465-s

かつてのアップルのマネジメントチームです。左から、

フィル・シラー:マーケティング担当

トニー・ファデル:iPodビジネス担当

ジョナサン・アイブ:チーフデザイナー

スティーブ・ジョブズ

スコット・フォーストール:iOS担当

エディ・キュー:インターネットビジネスおよび渉外担当

です。オペレーション担当のティム・クックが不在ですが、ある意味で、アップル全盛期の面々です。いずれもすごい実績を持っています。そして、ファデルとフォーストールは、すでにアップルを退社しました。エンジニアリングで大きな貢献をした、ジョン・ルビンシュタインも、アイブと衝突してアップルを去りました。

元アップルの本社でシニアマネージャーを務めた松井博さんも書かれている通り、アップルの社内政治はすさまじいと言われますし、実際そうだろうなと思います。

http://matsuhiro.blogspot.jp/search?q=政治

スティーブ・ジョブズという特異的な個性の下で働くわけで(今はティム・クックですね)片時も気を抜けないと思います。そして、スポットライトを浴びていないと、いつ出し抜かれるかわからないわけで、肉食獣の集まりだろうなと思います。

ちょっと前までは、「ブラックな会社だなあ」と思っていたんですが、最近考えを少し変えました。世界最高を追求するのがアップルのDNAだとすれば、ある意味オリンピックみたいなものなんですね。ずっと出場できる方が異常で、たいていは1回か2回出られるだけで十分すごい。アップルのマネジメントチームを見ていると、そんなことを思います。光が強烈なほど、影も濃いんですね。

 

 

 

 

Pocket

 - アップル