One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

ある日、プリンターの前で見かけた彼女のこと

      2015/10/21

Pocket

pradaprada_01

広告の世界が、大きな環境の変化にさらされている話はしました。肉体的にも、精神的にも厳しい仕事です。それでも広告の仕事を志望する人はたくさんいます。特に最近、女性の志望者が増えている感じがあります。

以前、採用を担当する人と話したんですが、その人も同意していました。

「確かに増えていますね」と。それから、その優秀さに驚いていました。

「もし、実力だけで選んだら、内定者は全員女の子になっちゃうと思いますよ」

ある夜、プレゼンの準備で23時過ぎまで仕事をしていた時、プリンターの前に新人か、2年目くらいの女の子がいました。彼女も何か提案の準備だったのでしょう、大量に吐き出される企画書に張り付いていました。彼女の手には、セブンのサラダチキン。

jpg

彼女は、むしゃむしゃとサラダチキンを齧りながら、出力が終わるのを待っていました。彼女は、僕の方を見ると恥ずかしそうに会釈して、また真剣な表情に戻りました。企画書を抱えて、自分のオフィスへ戻る彼女。先輩たちのチェックを受けるところなんだろうな、と僕は思いました。

広告全体が苦しい状況で、必死に頑張る姿を皮肉ることはできるかもしれません。でも、彼女のその真剣さと頑張りは、きっと報われるような気がしました。

 

Pocket

 - 一般記事