One Simple Fact

アップルと自己啓発本とクルマのことなど。

*

アップルの秘密主義

   

Pocket

セキュリティー

アップルは、きわめて厳重に情報を管理する会社です。新製品の情報を少しも漏らさず、まるでダムが、溜めておいた水を一気に放流するように発表することで、話題を最大化する戦略をとってきました。アップルがWWDC(世界開発者会議。アップルが新製品やサービスを発表する場)で新製品を発表するやいなや、全世界で広告が展開されます。それは見事なものです。

僕が勤めていた代理店にも、新製品やキャンペーンの情報などは、メールやFAXといった手段では届きませんでした。漏洩の危険性があるからです。現在はわかりませんが、当時、本当に重要な情報は、アメリカ本国から使者が、アタッシュケースに入れて片時も離さず持ってきました。

zh

代理店のアップルチームの部屋も、他の部屋とは完全に異質で、厳重なセキュリティに守られていました。それだけ気を使って情報管理しているわけです。以前、アップルのエンジニアがiPhone4のプロトタイプをバーに置き忘れ(ありえないミス!)、ウェブサイトにスッパ抜かれたことがありました。

http://gizmodo.com/5520164/this-is-apples-next-iphone

この時も、告訴までして秘密を守る姿勢を示すわけです。マーケティング戦略の中には、少しずつ情報を出していき世の中の期待を高めていくものもありますが、アップルの場合は、自分で情報を小出しにしなくても、ファンが予想で盛り上がるので不要なわけですね。

ただ、ちょっと気になるのは、最近のアップルは以前よりも新製品の情報が漏れやすくなっていると思います。新型iPhoneなどは、発表の少し前には、画像が出回ったりしますよね。WWDCの発表をドキドキして待ちたい身としては、それではつまらないなと思います。

 

 

Pocket

 - アップル